玄関でやってはいけないNG風水

トップページ > 風水で見る開運玄関の秘訣 > 玄関でやってはいけないNG風水

玄関でやってはいけないNG風水

まず、第一に靴の出しっぱなしがあります。
ついつい、いくつも靴を出したまま放置してしまう方もいると思いますが、靴箱があるならそれをきちんと使いましょう。

また、造花、人形、ぬいぐるみなどを飾りたがる方もいらっしゃいますが、これは風水的にかなりのNGです。
というのも、風水では作りものの造花や人形は「死」を連想させることになってしまうからです。

それ以外にも、意外に知られていないのが「傘立て」です。
傘は基本使ってしまったら濡れるのが当然ですよね。
その濡れたままの傘が玄関にあることで、湿気が発生し、玄関の空気が淀んでしまうのが原因です。
ですので、傘立ては玄関内ではなく、玄関の外に置いておくことをオススメします。

表札は意外にも大事な要素のひとつ

風水では、表札のない家には幸運は来ないと言われているほど、実は重要な要素のひとつです。
なぜかというと、表札がないということは、そこに人が住んでいないということになるからです。
人の住んでない家には運気は入ってきません。

また、表札はプラスチックや人工的なものではなく、木製の自然由来のものを使うことで良い気が入りやすくなります。
ただし、板に名前が彫ってあるものはNGです。
墓石を見ればわかるように、掘った名前は悪い想像を連想させます。
それ以外にも、運気を「盛り下げる」ことになってしまい兼ねないからです。

ですので、表札にも気を使ってあげることが、玄関風水の第一歩とも言えるかもしれませんね。