風水で見る幸せを呼ぶ間取り

トップページ > 風水で見る幸せを呼ぶ間取り

住居選びで重視したい「間取り」は風水的にも重要!

アパートやマンション、一戸建て…住居にもいろいろありますが、共通して外せない条件の一つに「間取り」がありますよね。1Rだったり1Kだったり、各部屋の相対的位置関係だったり、部屋の置かれた方角だったり…物件によって本当に様々です。

その中で好みの間取りの部屋が2つあるとしたら、どうせなら風水的に良い間取りとされる方を選びたいと思いませんか?
風水から見て良いと言われる間取りは気の巡りを良くしてくれます。個々の部屋に限らず住居そのものの間取りが良い物件では、居住地全体に良い気が巡るため快適な生活が過ごせるんです。

とは言え、既に住んでいる建物の間取りが悪かったとしても、引っ越しや建て直しなんて簡単には出来ませんよね。
しかし、安心してください。風水の基本を活用すれば、少しの工夫で改善することが出来ます!
具体的な対策方法はまた改めて後述しますので、気になる人はそちらも一読してみてください。

「なんか落ち着かない…」そんな間取りは避けましょう

居住地そのものの形状や、部屋同士の位置関係、天井のライン…意識を向けた先で違和感を感じたり、嫌な感じを受けたとしたら、そこに巡る気は乱れています。気が乱れている場所にいると心身に不快感が生じてしまいます。

感覚は人それぞれで異なります。潜在意識、直感の世界で感じるものですから、すぐに気付く人もいれば暫くしてから気付く人と、三者三様です。 しかし、間取りの悪さがもたらす悪い気の巡りはその場にいれば必ず吸収されてしまうもの。早い段階で気付ける人であれば回避することも容易ですが、時間がかかる人であれば知らないまま入居を決めてしまうことも大いにありえますよね。

だからこそ、風水的に良い間取りという構造を頭に入れておくことは大切です。基本さえ知っていれば住居選びの指針の一つになりますよ。

良い間取りはペットにも良い影響を与える

ペットも人も同じ生き物、当然ですが風水による作用も同様に受けることになります。そのため、人にとって良い環境である間取りはペットにとっても良いといわれています。引っ越しをしたらふさぎがちだったペットが元気になった、という話を聞いたことがありませんか?それは引っ越し先の間取りが風水的に吉とされるものだからかも! ペットは基本的に24時間家にいます。だからこそキチンと風水を意識し、留意して、ペットにとっても過ごしやすい環境にしてあげることは大切です。

そもそも動物は人以上に気に敏感です。時々あらぬ方向をペットが凝視していることってありますよね。私達人間には感じ取れない気の流れも動物は感知出来ていると言われます。 ペットがいつも落ち着いてる場所があれば、そこはペットにとって良い気がある場所。その空間を崩すことなく、汚れや湿気に注意して清潔を保つようにしてあげましょう。

また、排泄物の処理はしっかりと!長い間放置していると臭いの問題が発生します。風水では家の臭いは運気を下げてしまう一因とされるので悪臭が籠らないようにしましょう。ペットだってキレイなトイレの方が嬉しいハズ!