風水で見る財布の選び方

トップページ > 風水で金運をアップ > 風水で見る財布の選び方

風水で見る財布の選び方

風水で財布と言ったら、黄色か金色でしょ!…と思った方、いらっしゃいますか?
実は、黄色だからいいというわけではないんです。
色にはそれぞれ意味があり、特にNGな色は、赤やオレンジなどの「火」を連想させる色です。
「火」はお金を燃やすという意味があるため、金運とは敵対関係にあります。

じゃあ、何色がいいの?というと、オススメは茶色ですね。
なぜ茶色がいいかと言うと、金運と相性の良い「土」の色だからです。

ベージュや白もお金を貯めて浄化してくれる効果がありますが、これはよほど手入れをしっかりしないかぎり汚れてしまいます。
汚れてしまった財布には、金運は舞い込まないのは説明するまでもないことですね。
ちなみに黄色は、収入も増えますが、その分出費も増えるという、なかなか面倒な色だったりします。

財布の形は、折りたたみか、長財布か

色が決まったら、次に悩むのは財布の形です。
二つ折り、三つ折、長財布など、形は多々ありますが、風水的に見た場合はどれがいいのでしょう?

お金は、狭い場所、窮屈な場所を嫌います。
ということは、折りたたみの財布は札を折って入れなければならないため、金運を上げるためには不向きだとわかります。
ですので、選ぶ際は長財布を選ぶようにするといいでしょう。

また、財布はお金にとって「自分の部屋」のようなものです。
財布の中がカードでパンパンに膨らんでいたり、汚れたままの状態にしておかず、手入れは常にしっかりとしておくようにしましょう。